フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局サービスの内容 >自立訓練(機能訓練・生活訓練)
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:

肢体障害者の自立訓練(肢体機能訓練)

肢体障害の方の自立訓練(機能訓練)について
 主に頸随損傷等の四肢麻痺の方を対象に、医学的管理の下、以下の訓練を実施します。身体機能の評価結果や、ご本人の意向などを踏まえて訓練期間を設定します。

主な訓練

訓練部門
身体機能の改善や、代償動作の獲得に向けて支援します。また、施設内での生活場面や終了後の生活を想定し、福祉用具、住環境の整備等の支援も行います。

理学療法(PT)
1.移動
自走車いすの駆動、電動車いすの操作等、個々の身体状況に応じて実用的な移動手段を選択するとともに、その能力の向上を目指します。また、生活で必要になる屋外移動や公共交通機関の利用についても支援します。
2.起居動作
仰向け、うつ伏せ、座位など、さまざまな姿勢の安定性向上と、各姿勢を結ぶ寝返りや起き上がり等の動作能力の向上を目指します。
3.移乗動作
車いすとベッド・トイレ・風呂・自動車などの間の乗り移りについて、身体状況に応じた方法を検討し、その能力の向上を目指します。
4.自動車関連動作
自動車の運転に必要なさまざまな関連動作の獲得を目指します。
5.車いす、他の補装具の選定や調整
車いすや各種装具など、身体状況に応じて必要な補装具について検討するとともに、その作製に向けた助言・指導および使用開始後の調整を行います。
理学療法(PT)の様子理学療法(PT)の様子

作業療法(OT)
1.食事
自助具や福祉機器を活用しながら、食事動作の向上を目指します。
2.整容
自助具や福祉機器を活用しながら、歯磨き・髭剃り・洗顔・爪切りなどの整容動作の向上を目指します。
3.更衣
身体状況に応じてベッド上あるいは車いす座位などの環境設定や動作方法を考慮しながら能力の向上を目指します。
4.排泄
排尿は、自己導尿や留置カテーテルの操作、収尿器の処理や片付けなどができるよう支援します。排便は、身体状況に応じて高床式トイレや移乗台を設置した洋式トイレなどの環境を利用し、座薬挿入器やお尻拭き用具(清拭具)などの排便用自助具を使用して排便動作の獲得を目指します。
5.入浴
身体状況や訓練終了後の生活環境に応じて、高床式浴室やシャワーチェア等を利用して入浴動作の獲得を目指します。
6.住環境整備
福祉用具の紹介や住宅改修相談、必要に応じて家庭を訪問し、家屋調査や指導などを支援します。
7.生活関連動作
居室清掃や調理などの家事動作やパソコンやタブレット・携帯などの仕事及び余暇活動について支援します。
作業療法(OT)の様子作業療法(OT)の様子

リハビリテーション体育またはスポーツ訓練
スポーツの持つ様々な特性を活用し、体力や運動能力の向上を目指します。また、運動の習慣化に向け、競技スポーツの体験や自身で継続できる運動方法の習得などの支援を行います。
1.体力の向上
10m走や1,000m走などの走種目、競技として行われている種目に加え訓練の為に考案したゲーム種目などを通じて、瞬発力や持久力、敏捷性などの体力の向上を目指します。
2.運動技術の獲得
スポーツを行う際に必要な、投げる・捕る・打つなどの動作や、より応用的な車いす操作技術の訓練を通じて、自身の身体を理解し自在に動かすことができる運動技術の獲得を目指します。
3.社会性の向上
グループで課題に取り組む訓練を通じて、集団の中で自身の役割を発揮するなどの社会性の向上を目指します。
リハビリ体育の様子リハビリ体育の様子

看護部門
健康的な生活を送ることを目指し、健康管理や身辺処理が出来るように支援します。
1.健康管理支援
障害特性をふまえ、利用者が主体的に健康管理出来るように支援します。また、健康の保持・増進及び二次合併症の予防が出来るように支援します。
2.地域・家族との連携
訓練終了後に健康的な生活を送ることができるよう、地域の社会資源や関係者等への情報提供を行います。

介護部門
日常生活や環境整備等について直接的な支援を行うとともに、実際の生活場面で活用出来るように支援を行います。
1.日常生活支援
看護師と協働または分担しながら、24時間体制で日常生活上の支援(食事、排泄、整容、入浴、更衣、起床や臥床の支援等)を行います。
2.環境整備支援
シーツ交換や身辺の整理及び家族等の介助者に介護指導等の支援を行います。
介護部門の様子介護部門の様子

社会・職能訓練部門
1.日常生活上の相談・支援
家庭復帰や復学、復職等の個々の目標達成に向け、関係機関との各種相談や連絡調整を行います。個々の目標や自立計画へのアドバイス、家族や市区町村との連絡調整、福祉サービスの利用調整等を行います。
2.行事やレクレーションの実施
センター内の行事への参加や、所外レクリエーション等を行い、グループでの活動や外出に関する支援を行います。
3.職能訓練
就労や余暇活動の充実等、個々のニーズに応じて、パソコン技能やインターネットの活用等の支援を行います。
社会・職能訓練部門の様子社会・職能訓練部門の様子

終了者の進路について

自立訓練を利用される方々の目標(自立計画)は様々であり、訓練終了後の進路は各々異なります。
進路としては、家庭復帰、当センターの他事業の利用継続(就労移行支援事業)、職業リハビリテーションセンター利用、復学、職場復帰、他施設の利用等となっています。

日課時限

主な日課は以下のとおりです。訓練については個別支援計画により、各自異なる時間割を作成します。
訓練時間(1コマ)は1時間単位ですが、訓練によっては連続して実施することもあります。

時間 内容
7時00分 起床
8時00分 朝食
9時00分〜12時00分 訓練
12時00分 昼食
13時00分〜17時00分 訓練
18時00分 夕食
21時30分 点呼
*降車に介助が必要な方は20時まで
22時00分 消灯
入浴や排便は、個々の状況に応じて時間帯が異なります。

施設入所支援(宿舎)

通所が困難な方は宿舎を利用できます。

施設入所支援(宿舎)の様子施設入所支援(宿舎)の様子
施設入所支援(宿舎)の様子施設入所支援(宿舎)の様子

ご利用について

ご利用いただける方

四肢や体幹機能に障害のある方で、施設利用について市区町村から「障害福祉サービス受給者証」の交付を受けた方がご利用いただけます。
見学・相談や利用申込み手続きについては、総合相談課までお問い合わせください。

電話 04-2995-3100(代表) FAX 04-2992-4525(直通)
<詳しくはこちら>

利用定員

概ね90名

利用期間

利用期間や訓練内容は利用者の方々によって異なります。
利用開始後の面接等を通して利用者の方々のニーズを把握し、目標や課題、訓練内容、利用期間などを決定します。

利用料(利用者負担)について

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に定められた基準に基づいて、ご利用いただいた障害福祉サービス費や食費・光熱水費のご負担があります。利用料はサービスのご利用回数等に応じて算定します。

<詳しくはこちら>


本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   サービスの内容に戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る