義足とは

 事故や病気によって足の切断を余儀なくされた場合に、失われた機能を補完するために作られ、使われる人工の足です。プラスチックや金属、皮革などの材料が用いられます。体重を支え、安定して立ったり座ったり歩行したりできるように、軽くて丈夫でなければなりません。義足の名称は、構造や切断部位、使用する目的など、分類する基準によって異なる呼び方があります。

切断部位による分類

切断部位の図

構造による分類

 義足はその構造の違いによって、(かく)構造(こうぞう)義足(ぎそく)骨格(こっかく)構造(こうぞう)義足(ぎそく)に分けられます。 

骨格(こっかく)構造(こうぞう)義足(ぎそく

 人体の骨格の構造と同様に、関節や骨を「継手」や「チューブ(パイプ)」などのパーツで構成し、外観はウレタンフォーム材などで造形する構造の義足です。

(かく)構造(こうぞう)義足(ぎそく)

 甲殻類の体の構造と同様に、義足を形成する「殻」の構造が義足に働く力を支え、同時にこの殻の形がそのまま元の足の外観を表す構造の義足です。​​​​​​​

骨格構造大腿義足の図

骨格構造義足(大腿義足吸着式)

殻構造大腿義足の図

殻構造義足(大腿義足吸着式)

骨格構造義足の構成要素

大腿義足各部名称の図

大腿義足(骨格構造・吸着式)

下腿義足各部名称の図

下腿義足(骨格構造・ライナー式)

【ソケット】

 切断後の残された脚の部分である「断端(だんたん)」と、義足とが接するところにある要素部品で、断端を適切に収めて身体を支え、義足に力を伝えるための重要な部分です。断端の大きさや形状に合わせて作られます。

支持部

  ソケットと継手や足部などの義足部品をしっかり固定し繋ぐ部分です。

   つぎて

【継手】

 関節機能を代償するための部品で、股関節に相当する部品を「()継手(つぎて)」、膝関節に相当する部品を「(ひざ)継手(つぎて)」、足関節に相当する部品を「(あし)継手(つぎて)」といいます。

フォームカバー

 義足の外観を元の足の形に近づけるためにウレタンなどで足の形状を形作り、義足に被せるものです。

懸垂装置

 義足が身体から脱落することを防ぐために取り付けられる装置です。「シレジアバンド」や「PTBカフベルト」などがあります。

 そくぶ

【足部】

足関節から足先までの外観、機能を代償するもので、「単軸足部」、「多軸足部」、「SACH(サッチ)足部」などがあります。

使用目的による分類

【常用】
 日常生活で使用する機能と外観を備えた義足です。 

【作業用】
 農耕作業やその他の重作業に特化して製作される義足であり、「(てっ)(きゃく)」や「ドリンガー足部」を取り付けた義足です。

切断部位による義足の種類

股義足

股離断の図

股離断

カナダ式股義足外装無しの図

カナダ式

カナダ式股義足外装ありの図

外装装着時

大腿義足

大腿切断の図

大腿切断

大腿義足吸着式の図

吸着式

大腿義足シールインタイプの図

ライナー式(シールイン)

大腿義足キャッチピンタイプの図

ライナー式(キャッチピン)

大腿義足差込式の図

差込式

大腿義足外装装着時の図

外装装着時

義足

膝離断の図

膝離断

膝義足外装無しの図

差込式

膝義足外装ありの図

外装装着時

下腿義足

下腿切断の図

下腿切断

下腿義足キャッチピンタイプの図

TSB式(キャッチピン)

下腿義足シールインタイプの図

TSB式(シールイン)

下腿義足PTB式の図

    PTB式

下腿義足KBM式の図

   KBM式

下腿義足PTS式の図

    PTS式

下腿義足差込式の図

    差込式

下腿義足外装装着時

    外装装着時

果義足

足関節切断の図

足関節部切断

果義足の図

    有窓式

足根中足義足

足根中足切断の図

足根中足切断

足根中足義足の図

    足袋型