進め方

  1. 1) まず、高齢の方に使っていただき、必要となる機能を明らかにします
  2. 2) 必要な技術を見極め、実用的なロボットシステムを開発します
  3. 3) 人的サービスについても検討します
  4. 4) ロボットと人との包括的な支援サービスシステムを検討します
  5. 5) 社会実験を行い、有効性を検証します

今やっていること

  1. 生活ニーズや話し方に応じた、対話の進め方の基本設計
  2. 高齢の方に分かりやすい合成音声の決定と検討
  3. 高齢の方の発話に対する、ロボットの音声認識の向上
  4. ロボットシステムによる情報伝達の可能性の検証
  5. 実用化にむけた機能の明確化、市場調査、マーケティング調査
資料:研究開発の全体イメージ
資料:研究開発の全体イメージ
(画像をクリックすると拡大します)
 

参考資料1:研究開発の全体イメージ (PDF:630K) 
参考資料2:「今やっていること」補足説明 (PDF:106K) 

pdfファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です

実施場所一覧

株式会社生活科学運営 ライフハウスともだち村
株式会社生活科学運営 ライフ&シニアハウスリボンシティ川口
株式会社生活科学運営 ライフハウス浦和
株式会社生活科学運営 ライフ&シニアハウス千種
株式会社生活科学運営 上布田つどいの家
株式会社生活科学運営 ライフ&シニアハウス所沢
株式会社生活科学運営 ライフ&シニアハウス港北2

これまで

  1. ロボットによる高齢者の物忘れ支援の実証

    参考資料3:ロボットによる高齢者の物忘れ支援の実証 詳細 (PDF:114K) 

  2. 音声認識技術の開発
  3. ロボットプラットフォーム(PaPeRo R500)

pdfファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です
Adobe Readerのダウンロード