発表

イベント 〜 発表・展示など

報道 〜 新聞・テレビ、ラジオ報道

  1. 2010年09月06日
    日本経済新聞電子版 会話で高齢者サポート ロボットが家族になる日
  2. 2010年09月25日
    読売新聞37面 「生活支援ロボ」として紹介
  3. 2010年09月27日
    TBS みのもんたの朝ズバッ!で生活支援ロボットを紹介
  4. 2010年10月7日
    NHKニュースでロボットの紹介
  5. 2010年10月24日
    朝日新聞38面 「認知症患者の介助ロボ開発」として紹介
  6. 2010年11月06日
    6:00〜7:00 NHK第1放送(ラジオ)で生活支援ロボットについて国リハ、生活科学運営へのインタビューを紹介
  7. 2010年11月21日
    5:40〜5:45 日本テレビ24時間テレビリポートで生活支援ロボットを紹介
  8. 2011年01月04日
    読売新聞夕刊 認知症支えるロボット
  9. 2011年04月21日
    日本経済新聞夕刊 ロボット、病院・施設に出動態勢 実用化へニーズと合体
  10. 2013年3月17日
    NHKニュース 認知症高齢者の自立支援機器として、ロボットを紹介
  11. 2013年6月20日
    東京新聞夕刊 AIで支える認知症4
  12. 2013年7月17日
    伊豆日日新聞朝刊 高齢者支援ロボット
  13. 2014年1月5日
    読売新聞朝刊 日本2020おもてなし弁当箱2−認知症ホーム暮らしに彩り
  14. 2014年10月25日
    テレビ静岡 ニュース 伊豆市社会福祉大会での成果報告
  15. 2014年10月25日
    FM伊豆 伊豆市社会福祉大会での成果報告
  16. 2015年3月18日
    東京新聞 声掛け、会話開始見守り−認知症高齢者 生活支えるロボットの活用−
  17. 2015年6月8日
    読売新聞朝刊 お年寄り癒すロボ
  18. 2015年7月11日
    静岡新聞朝刊 生活支援ロボット開発状況を報告
  19. 2016年3月17日
    静岡第1テレビ everyしずおか 伊豆市での生活支援ロボットに関する住民会議・実験の成果報告
  20. 2016年8月31日
    伊豆日日新聞 伊豆市と国立障害者リハ研 市民に認知機能検査 支援ロボ開発へ
  21. 2016年11月6日
    朝日新聞朝刊 生活支援ロボ 高齢家庭で実験
  22. 2018年4月26日
    東京新聞 高齢者サポートのロボットなど視察 鎌倉でスウェーデン国王夫妻
  23. 2018年4月26日
    毎日新聞 鎌倉訪問 「リビング・ラボ」視察 高齢社会へ産官学と住民連携 /神奈川
  24. 2018年4月26日
    神奈川新聞 スウェーデン国王夫妻らが介護事業所訪問 鎌倉
  25. 2018年4月
    SWEDISH ROYAL COURTホームページ Official visit to Japan – day 4
  26. 2018年5月1日
    東京大学ホームページ スウェーデン王国国王・王妃両陛下、高齢社会総合研究機構の取り組みを視察 

特許

  • 平成24年8月17日、出願番号:201218088、名称:「自立生活支援システム、自立生活支援装置、および自立生活支援方法」、発明者:大中慎一、出願人:日本電気株式会社
  • 平成19年3月19日、特許登録番号:0004919282、名称:「不明瞭音声コマンド認識装置および不明瞭音声コマンド認識処理方法」、発明者:佐土原健、出願人:独立行政法人産業技術総合研究所
  • 平成26年4月22日、出願番号:2014-87833、名称:「行動理解システムおよびプログラム」、発明者:佐土原健、出願人:独立行政法人産業技術研究所
  • 平成26年8月5日、出願番号:2014-159322、名称:「行動指示システム、情報提示サーバー、情報出力端末、行動指示方法および行動指示制御プログラム」、発明者:大中慎一、出願人:日本電気株式会社
  • 平成27年12月1日、出願番号:2015-234835、名称:「音声対話システム、音声対話制御法およびプログラム」、発明者:佐土原健、出願人:国立研究開発法人産業技術研究所
  • 平成28年3月17日、出願番号:2016-053465、名称:「行動分析システムおよびプログラム」、発明者:佐土原健、出願人:国立研究開発法人産業技術研究所
  • 平成29年4月28日、出願番号:2017-089328、名称:「情報提示システム、プログラム及び情報提示方法」、発明者:大中慎一、二瓶美里、児島宏明、佐土原健、井上剛伸、西浦裕子、大澤由美子、渡部幸一、清水陽介、原田歩、濱田浩美、山内閑子、出願人:日本電気株式会社、東京大学、産業技術総合研究所、 国立障害者リハビリテーションセンター、株式会社生活科学運営、フランスベッド株式会社

論文

Takenobu Inoue, Misato Nihei, Takuya Narita, Minoru Onoda, Rina Ishiwata, Ikuko Mamiya, Motoki Shino, Hiroaki Kojima, Shinichi Ohnaka, Yoshihiro Fujita, Minoru Kamata, Field-based development of an information support robot for persons with dementia, Technology and Disability, 24(4), pp.263-27, 2012. https://content.iospress.com/articles/technology-and-disability/tad00357

Nishiura Y, Inoue T, Nihei M. Appropriate talking pattern of an information support robot for people living with dementia: a case study. Journal of Assistive Technologies, vol. 8, issue. 4, 177-187, 2014.

Nihei M, Nishiura Y, Mamiya I, Kojima H, Sadohara K, Ohnaka S, Kamata M, Inoue T. Change in the relationship between the elderly and information support robot system living together, Human Aspects of IT for the Aged Population, pp 433-442, 2017.

井上剛伸.高齢者の記憶と認知機能低下に対する生活支援ロボットシステムの開発,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.19, No.3, pp.12-16, 2014.

国際学会発表

Takenobu INOUE, Rina ISHIWATA, Ryohei SUZUKI, Takuya NARITA, Minoru KAMATA, Motoki SHINO, and Masashi YAOITA ,Development  by  a  Field-Based  Method  of  a  Daily-Plan  Indicator  for  Persons  with Dementia,Assistive Technology from Adapted Equipment to Inclusive Environments, P.L. Emiliani et al.(Eds.),IOS Press, AAATE 2009, pp. 364-368.

Misato Nihei, Takuya Narita, Rina Ishiwata, Minoru Onoda, Motoki Shino, Hiroaki Kojima, Shinichi Ohnaka, Yoshihiro Fujita, Minoru Kamata, Takenobu Inoue, Development of an Interactive Information Support System for Persons with Dementia, 26th Annual International Technology & Persons with DisabilitiesConference, 2011-03-18.

Misato Nihei, Practical Evaluation Protocol for New Assistive Technology for Elderly with Cognitive Impairment, AAATE, 2011-08-31.

Takenobu INOUE, Ikuko MAMIYA, Noriko Takizawa, Atsushi KOBAYASHI,Shinichi OHNAKA, Yoshihiro FUJITA, Yumiko OOSAWA, Kouichi WATABE,Yousuke SHIMIZU, Sonoe NAKAMURA, Hiromi HAMADA, Minoru KAMATA,Misato NIHEI, Takuya NARITA, Hiroaki KOJIMA, Ken SADOHARA, Takatsune KUMADA, Field-based Innovation for Solutions of Aged Society. Development of An Information Support Robot for the Elderly with Cognitive Disabilities. The 4th International Symposium on QoL Technology. 2012-10-31.

Ken Sadohara et. al.: Sub-lexical dialogue act classification in a spoken dialogue system support for the elderly with cognitive disabilities, Workshop on Speech and Language Processing for Assistive Technologies, Grenoble (France), 2013-08-21.

Misato Nihei, Tetsuaki Okada, Takuya Narita, Ikuko Mamiya, Minoru Kamata, Shinichi Ohnaka and Takenobu Inoue, Comparing Robots with Robot Agents as Information-Support Systems for the Elderly and Those with Mild Dementia, Assistive Technology Research Series Volume33: Assistive Technology From Research to Practice, 880-886,2013.

Yuko Nishiura, Takenobu Inoue, Misato Nihei,Appropriate Talking Pattern of an Information Support Robot for People Living with Dementia : a Case Study, Journal of Assistive Technologies, Vol. 8 Iss: 4, pp.177 – 187, 2014.

Takumi Yoshida, Misato Nihei, Tetsuaki Okada, Minoru Kamata, Development of a Method of Monitoring ADL in the Elderly That is Adapted to Real-Life Environments, IEEE EMBC2015, FrFPoT8.19, 2015-08-28.

Hiroaki Kojima, Kana Takaeda, Misato Nihei, Ken Sadohara, Shinichi Ohnaka and Takenobu Inoue, Acquisition and evaluation of a human-robot elderly spoken dialog corpus for developing computerized cognitive assessment systems, 5th Joint Meeting of the ASA and the ASJ, Honolulu (USA), 2016-11-28.