リハビリテーションセンターに併設された教育環境

 当センターには障害を持つ方のための病院、機能訓練・生活訓練のための自立支援局、リハビリテーションや生活支援に役立つ技術・機器を研究する研究所があります。
 そのような環境を活かして、当学科独自の「病院実習」や、充実した研究所設備を利用した授業などを行っています。
 また、講義では、これらの各部局の第一線で活躍する講師陣による、リハビリテーションの現状に即した指導を行っております

#

障害者スポーツの授業

 パラリンピック等で注目されるようになった障害者スポーツですが、リハビリテーションでも行われています。
 当施設内には障害者スポーツによるリハビリテーションのための設備が整っており、リハビリ中の方のみならず、トップアスリートの方々も当センターで汗を流しております。

リオパラリンピックのメダリスト(ウィルチェアラグビーの 島川慎一 選手)と学生とで記念撮影

#

 このような環境を活かして、体育の授業では障害者スポーツを取り入れており、あまり体験する機会のない障害者スポーツを実際に行うことで理解を深めることも出来ます。

  • slide
  • slide
  • slide

少人数制の授業

 当学科の定員は1学年10名です。少人数制ならではの、学生一人一人に対して細やかな指導を実施しております。
 また実際の義肢ユーザー様にモデルとしてご協力いただく実習でも、モデル1名に対して学生1-2名が担当し、じっくりと採型・適合や、モデルさんたちと向き合えます。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

セミナー形式の講義

 講義を聴講するだけでなく、自ら調べ、考えてまとめ、同級生に講義形式で発表をすることで、知識がより深く身に付きます。
 学生によっては、どこにもないオリジナルな教材を自主製作しセミナー発表を行っています。
 このような自主性と理解度を重んじたセミナー形式の講義を積極的に取り入れています。

#

豊富な製作実習時間

 義肢装具を製作し適合させる義肢装具士を目指す者にとって、製作技術の修得は重要な課題の一つです。たとえ理論が分かっていても、製作技術が伴わなければより良いものは作り出せず、臨床現場での対処も上手く出来ません。
 当学科では製作実習に重点を置き、義肢装具の専門分野の履修時間2100時間のうち、1710時間を製作実習にあて、履修時間を多くとることで製作技術の修得・向上を図っています。

  • slide
  • slide
  • slide
#