教官略歴

  • 主任教官
  • 根岸 和諭
  • (ねぎし かずゆ)

担当科目
  • 義肢装具学概論、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 義肢学Ⅲ(大腿義足・股義足)、
  • 装具学Ⅳ(上肢装具)、
  • 関係法規(健康保険法、義肢装具士法、義肢装具の支給体系)、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具学会 評議員、
  • 日本義肢装具士協会
学  歴
  • 明治大学法学部、
  • 亜細亜大学大学院(修士)、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院
職  歴
  • 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所補装具製作部(非常勤)

  • 教  官
  • 星野 元訓
  • (ほしの もとのり)

担当科目
  • 義肢装具概論、
  • 材料学Ⅱ、
  • リハビリテーション工学、
  • システム制御工学、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 義肢学Ⅲ(大腿義足)、
  • 装具学Ⅱ(下肢装具)、
  • 装具学Ⅲ(下肢装具)、
  • 装具学Ⅴ(側弯症用装具・座位保持装置)、
  • 病院実習、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具学会 評議員、
  • 日本義肢装具士協会、
  • 日本褥瘡学会
学  歴
  • 山梨大学工学部、
  • 山梨大学大学院(修士)、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院
職  歴
  • クラリオン株式会社

  • 教  官
  • 丸山 貴之
  • (まるやま たかゆき)

担当科目
  • 義肢装具概論、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 物理学、
  • 義肢学Ⅰ(下腿義足)、
  • 義肢学Ⅱ(義手)、
  • 装具学Ⅲ(靴型装具)、
  • 装具学Ⅴ(靴型装具)、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具学会 用語委員、
  • 日本義肢装具士協会、
  • International Society for Prosthetics and Orthotics、
  • 日本靴医学会、
  • 日本ロボット学会、
  • 日本下肢救済・足病学会
学  歴
  • 早稲田大学理工学部、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院、
  • 早稲田大学大学院(修士)
職  歴
  • GE横河メディカルシステム株式会社、
  • 有限会社ヨアヒムズ、
  • 有限会社オーエスエムヘルプスト

  • 教  官
  • 中村 喜彦
  • (なかむら よしひこ)

担当科目
  • 義肢装具概論、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 物理学、
  • 義肢学Ⅱ(義手)、
  • 義肢学Ⅲ(大腿義足・股義足)、
  • 装具学Ⅰ(体幹装具)、
  • 装具学Ⅱ(下肢装具)、
  • 装具学Ⅲ(下肢装具)、
  • 装具学Ⅴ(側弯症用装具)、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具士協会 理事、
  • 日本義肢装具学会 評議員、
  • 日本リハビリテーション医学会、
  • 日本リハビリテーションスポーツ学会、
  • 日本下肢救済・足病学会
学  歴
  • 九州大学工学部、
  • 九州大学大学院(修士)、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院
職  歴
  • 株式会社フジクラ、
  • 株式会社松本義肢製作所

  • 教  官
  • 徳井 亜加根
  • (とくい あかね)

担当科目
  • 義肢装具学概論、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 義肢学Ⅰ(下腿義足)、
  • 装具学Ⅰ(体幹装具)、
  • 装具学Ⅳ(上肢装具)、
  • 病院実習、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具学会、
  • 日本義肢装具士協会、
  • 日本手外科学会、
  • 日本臨床スポーツ医学会、
  • 日本脊髄障害医学会、
  • 日本障害者スポーツ学会、
  • 日本リハビリテーションスポーツ学会、
  • 日本保健科学学会、
  • 日本体育学会
学  歴
  • 神戸大学法学部、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院、
  • 早稲田大学大学院(修士)
職  歴
  • 法務省入国管理局、
  • 株式会社小豆澤整形器製作所

  • 教  官
  • 野原 耕平
  • (のはら こうへい)

担当科目
  • 義肢装具学概論、
  • 義肢装具基本工作論、
  • 図学・製図学、
  • 装具学Ⅰ(体幹装具)、
  • 装具学Ⅴ(靴型装具)、
  • 論文指導
学会活動
  • 日本義肢装具学会 、
  • 日本義肢装具士協会、
  • 日本靴医学会
学  歴
  • 工学院大学機械システム工学科、
  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院
職  歴
  • 株式会社工進精工所、
  • 株式会社大仁商店

教育・研究実績

2017年度

学会・研究会等への発表
  • 星野元訓,小林裕央,高橋正仁,小川哲也,井出翔太,半田秀一,岡田真平,中澤公孝.“水中ポール・ウォーキングが脳卒中発症者の痙縮に及ぼす急性効果”.第4回水中ポールウォーキング研究会.長野,2017-09-10.
  • 徳井亜加根,星野元訓,梅崎多美,高橋春一.“陸上競技用義足が左右の下肢に与える非対称性について―片側下腿切断者の1症例―”.第38回日本リハビリテーションスポーツ学会. 埼玉, 2017-09-23/09-24.
  • 星野元訓,中山剛,伊藤和幸,高嶋淳,井上剛伸,吉田由美子,岩﨑洋,飛松好子,山田真理子.“三施設連携による人工呼吸器使用児に対する電動車椅子の適合-リハビリテーションセンター・通園施設・特別支援学校の連携による実用走行獲得-”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 丸山貴之,中村隆,三ツ本敦子,前野正登,飛松好子.“大腿ソケット形状の定量的考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 中村喜彦,星野元訓,樋口幸治,緒方徹,飛松好子.“レーサー型車椅子におけるC6頚髄損傷者の姿勢保持と競技力に関する研究”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 徳井亜加根,岡田充弘,新谷康介,髙嶋孝倫,春原るみ,塩田琴美.“ダイナミックスプリントのMP関節保持角度に関する一考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 野原耕平,徳井亜加根,星野元訓,梅崎多美,塩田琴美,Raldy Mariano.“走行用足部と日常生活用足部の違いによる走行の変化ー下腿切断者によるSingle Case Studyー”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 中村隆,三ツ本敦子,丸山貴之,前野正登,飛松好子.“大腿切断端の軟部組織組成に関する考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • 三ツ本敦子,中村隆,丸山貴之,前野正登,飛松好子.“大腿切断端の硬さとその要因に関する考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.[PDF]
  • Rumi Sunohara, Takamichi Takashima, Akane Tokui, Kotomi Shiota, Kosuke Shintani, Mitsuhiro Okada. “Design Protocol of the Dynamic Splinting Based on Determined MP Joint Impedances”. The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium. Taipei, 2017-10-20/10-22.
論文発表
  • 井上美紀,徳井亜加根,飛松好子,阿久根徹“頚髄損傷患者に上肢装具を用いた訓練の効果”.日本脊髄障害医学会誌,30:102-103,2017.
  • 塩田琴美、徳井亜加根.“障害者スポーツの参加行動と障害理解関連因子”.日本保健科学学会誌,20(2):63-70,2017.
研究報告書
  • 徳井亜加根,星野元訓,野原耕平,梅崎多美,塩田琴美.“日常生活用義足と陸上競技用義足の走行比較による中高生義足ユーザーに向けた足部選択及びトレーニング法の提案”.平成29年度 公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究成果報告書
著書
  • 徳井亜加根.リハビリテーションマニュアル34「ゴールボール選手が装備する用具」―プロテクターとアイシェードの簡易的製作方法について―.飛松好子編.国立障害者リハビリテーションセンター(WHO指定研究協力センター),2017.[PDF
研修会講師
  • 星野元訓.“座位保持装置の種類と製作方法”,平成29年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-03/08-05.
  • 根岸和諭.“義肢製作技術”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-23.
  • 野原耕平.“装具製作技術”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回後期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-23.
  • 星野元訓.“体幹装具の基礎と適合判定”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-24.
  • 丸山貴之.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-24.
  • 中村喜彦.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-24.
  • 徳井亜加根.“上肢装具の基礎と適合判定”,平成29年度義肢装具等適合判定医師研修会第75回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2017-08-24.

2016年度

学会・研究会等への発表
  • 徳井亜加根,井上美紀,前野崇,飛松好子.“高位頚髄損傷者の机上動作に求められる手掌部の向きと前腕回内位保持の重要性”.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会.京都,2016-06-09/06-11.[PDF]
  • Chiho Fukusaki, Motonori Hoshino, Hiroki Obata, Kimitaka Nakazawa, Hideo Yano.“Acute Effects of Pole Walking in Water on Gait and Spasticity in a Hemiplegic Patient”.The 21st annual Congress of the European College of Sport Science. Vienna, Austria, 2016-07-06/07-09.
  • 星野元訓,小林裕央,半田秀一,岡田真平,高橋正広,小川哲也,中澤公孝. “表面筋電図評価による脳卒中後遺症に対する水中ポールウォーキングの急性効果”.第22回水中ポールウォーキング研究会.長野,2016-09-11.[PDF]
  • 小林裕央,星野元訓,半田秀一,岡田真平,高橋正広,小川哲也,中澤公孝.“慢性期の脳卒中片麻痺者における水中ポールウォーキング中のキネマティクス”.第22回水中ポールウォーキング研究会.長野,2016-09-11.[PDF]
  • 高橋正広,小幡博基,小林裕央,星野元訓,中澤公孝.“水中ポールウォーキング時の筋活動及び歩行パラメータについて”.第22回水中ポールウォーキング研究会.長野,2016-09-11.[PDF]
  • 徳井亜加根,井上美紀,吉田由美子,阿久根徹.“機能回復レベルに応じた上肢装具のカットダウンの必要性―C5機能レベル頚髄損傷者の症例を通して―”.第32回日本義肢装具学会学術大会.札幌,2016-10-15/10-16.[PDF]
  • 高嶋孝倫,徳井亜加根,岡田充弘,新谷康介,塩田琴美.“伸展ダイナミックスプリントの改善を目指したMP関節インピーダンスの同定”.第32回日本義肢装具学会学術大会.札幌,2016-10-15/10-16.[PDF]
  • 丸山貴之,中村隆,三ツ本敦子,前野正登,髙嶋孝倫,飛松好子.“大腿切断端の弾性モデル”.第32回日本義肢装具学会学術大会.札幌,2016-10-15/10-16.[PDF]
  • 三ツ本敦子,中村隆,丸山貴之.“大腿切断者の断端の硬さの定量化に関する研究”.第32回日本義肢装具学会学術大会.札幌,2016-10-15/10-16.[PDF]
  • Takayuki Maruyama,Takashi Nakamura,Atsuko Mitsumoto,Masato Maeno,Takamichi Takashima,Yoshiko Tobimatsu.“Important characteristics of the trans-femoral residual limb to consider when designing prosthetic sockets”.Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2016.Seoul,2016-11-05/11-06.[PDF]
  • Akane Tokui,Miki Inoue,Yumiko Yoshida,Toru Akune.“The effect of a pronation orthosis on manual wheelchair propulsion with C5 spinal cord injury : A single case study”.Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2016.Seoul,2016-01-05/11-06.[PDF]
  • 井上美紀,徳井亜加根,飛松好子,阿久根徹.“頚髄損傷患者に上肢装具を用いた訓練の効果”.第51回日本脊髄障害医学会.千葉,2016-11-10/11-11.[PDF]
論文発表
  • 塩田琴美,徳井亜加根.“障がい者スポーツにおけるボランティア参加に影響を与える要因の検討”.体育学研究,61(1):149-158,2016.
  • 塩田琴美,徳井亜加根.“特別支援学校に通学する幼児・児童・生徒のレクリエーション・スポーツの実施に関する基礎調査”.日本保健科学学会誌,19(3):120-128,2016.
  • 徳井亜加根,井上美紀,飛松好子.“高位頚髄損傷者のADL獲得を目的とした前腕回内位保持装具の製作”.日本義肢装具学会誌,33(1):60-63,2017.
著書
  • 岩崎洋,星野元訓.第3部回復期(入院)リハビリテーション 12 車いす処方の原則と注意事項.二瓶隆一,陶山哲夫,飛松好子編,頸髄損傷のリハビリテーション.96-98,協同医書出版社,2016.
研修会講師
  • 丸山貴之.“靴型装具の製靴工程”,平成28年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-03/08-06.
  • 野原耕平.“靴型装具の製靴工程”,平成28年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-03/08-06.
  • 根岸和諭.“義肢製作技術”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-24.
  • 星野元訓.“体幹装具の基礎と適合判定”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-25.
  • 丸山貴之.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-25.
  • 中村喜彦.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-25.
  • 徳井亜加根.“上肢装具の基礎と適合判定”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-08-25.
  • 野原耕平.“装具製作技術”,平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会第74回後期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-12-02.

2015年度

学会・研究会等への発表
  • 新谷康介,岡田充弘,池渕充彦,徳井亜加根,中村博亮,“ダイナミックスプリントにおける伸展補助力に関する問題点”,第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.新潟,2015-05-28/05-30.
  • Takayuki Maruyama,Takamichi Takashima,Takashi Nakamura,Masato Maeno,Atsuko Mitsumoto,Yoshiko Tobimatsu,Hiroshi Fujimoto,Atsuo Takanishi,“RELATIONSHIP BETWEEN THE COMPRESSION VALUE OF A PROSTHETIC SOCKET AND THE ELASTICITY/TISSUE DISTRIBUTION OF THE TRANSFEMORAL RESIDUAL LIMB”,International Society for Prosthetics and Orthotics World Congress 2015. Lyon,France,2015-06-22/06-25.
  • Hoshino Motonori,Sasagawa Shun,Tobimatsu Yoshiko,Nakazawa Kimitaka. “Evaluation of postural control during quiet stance using center of mass acceleration in bilateral transtibial amputees”.International Society for Prosthetics and Orthotics 15th World Congress 2015.Lyon,France,2015-06-22/06-25.
  • 三ツ本敦子,中村隆,丸山貴之,村岡慶裕,“押し込み反力計測による大腿切断者の断端の硬さの評価に関する検討”.第22回日本義肢装具士協会学術大会.東京,2015-06-27/06-28.
  • 中村隆,星野元訓,三ツ本敦子.“義手の装着が三肢切断者の静止立位と歩行の姿勢に及ぼす影響”.第22回日本義肢装具士協会学術大会.東京,2015-06-27/06-28.
  • 星野元訓,中村喜彦,緒方徹,飛松好子,“アイスレッジホッケーのスレッジシート適合における身体支持形状及び剛性の評価”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 徳井亜加根,塩田琴美,梅崎多美,中村至,飛松好子,“ブラインドスポーツと義肢装具士の関わりについて”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 徳井亜加根,井上美紀,前野崇,“C5頚髄損傷患者のADL及びQOLが改善した症例に用いた肘関節伸展機能付回内補助装具について”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 徳井亜加根,岡田充弘,新谷康介,“関節リウマチ患者の早期運動療法におけるダイナミックスプリントの伸展補助力適正化に向けて”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 中村喜彦,星野元訓,緒方徹,飛松好子,“頚髄損傷者におけるチェアスキー用バケットシートの適合に関する研究(第3報)”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 丸山貴之,髙嶋孝倫,中村隆,前野正登,三ツ本敦子,飛松好子.“大腿切断端の弾性とソケットのコンプレッション値”.第31回日本義肢装具学会学術大会.横浜,2015-11-07/11-08.
  • 井上美紀,徳井亜加根,飛松好子.“回内外拘縮矯正用装具を用いてADL動作を獲得した1例”,第50回日本脊髄障害医学会.東京,2015-11-19/11-20.
  • 徳井亜加根,梅崎多美,塩田琴美,飛松好子.“障害者スポーツ用具の開発および商品化における課題―ゴールボール用具開発を通して―”,第25回日本障害者スポーツ学会.新潟,2016-03-25/03-26.
研究報告書
  • 塩田琴美,徳井亜加根.“ゴールボール選手における身体機能特性と聴覚空間認知能力の基礎研究―視覚障害者アスリートの新たなトレーニング法の開発に向けて―”.2014年度公益財団法人ミズノスポーツ振興財団研究助成報告書,2015.
  • 塩田琴美,徳井亜加根.”障害児における健康教育を取り入れた運動・スポーツ推進のための基礎研究”.笹川スポーツ財団研究助成報告書,2016.
著書
  • 星野元訓.高齢者用車椅子付属品とその変遷.POアカデミージャーナル,23(1),23-30,2015.
  • 星野元訓,矢野英雄,小幡博基,中澤公孝.水中ポールウォーキング ―ニューロリハビリテーションへの応用可能性―.バイオメカニクス研究,19(1),34-38,2015.
  • 徳井亜加根.義肢製作の流れ.塩田琴美編,障がい者スポーツから広がるスポーツの輪―誰もが楽しめる生涯のスポーツとしてのガイドブック―.笹川スポーツ財団,2016.
  • 徳井亜加根.障がい者スポーツに使用する用具.塩田琴美編,障がい者スポーツから広がるスポーツの輪―誰もが楽しめる生涯のスポーツとしてのガイドブック―.笹川スポーツ財団,2016.
研修会講師
  • 星野元訓.“座位保持装置の種類と製作方法”,平成27年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-20/08-22.
  • 根岸和諭.“義肢製作技術”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-26.
  • 星野元訓.“体幹装具の基礎と適合判定”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-27.
  • 丸山貴之.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-27.
  • 中村喜彦.“下肢装具の基礎と適合判定”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-27.
  • 徳井亜加根.“上肢装具の基礎と適合判定”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-27.
  • 野原耕平.“装具製作技術”,平成27年度義肢装具等適合判定医師研修会第73回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2015-08-28.
招待講演・特別講演
  • 徳井亜加根,梅崎多美.“障害者スポーツ”,早稲田大学スポーツ科学部健康スポーツ論.早稲田大学,所沢,2015-11-11.
  • 根岸和諭.“関係法規”,平成27年度靴型装具製作者認定セミナー第4回.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-02-28.
  • 丸山貴之.“足の評価”,平成27年度靴型装具製作者認定セミナー第4回.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2016-02-28.

2014年度

学会・研究会等への発表
  • 生長佳世子,徳井亜加根.“関節リウマチによる手指伸筋腱断裂術後に用いるダイナミックスプリントの提案”.第29回日本義肢装具士協会学術大会.石川,2014-07-05/07-06.
  • 星野元訓,高橋正仁,小林裕央,小幡博基,中澤公孝,矢野英雄.“水中ポール・ウォーキング中の筋活動”.水中ポール・ウォーキング研究会.東京,2014-08-24.
  • 丸山貴之,高嶋孝倫,中村隆,前野正登,藤本浩志,高西淳夫.“大腿切断端の組織構成と義足ソケットのコンプレッション値”.第30回日本義肢装具学会学術大会.岡山,2014-10-18/10-19.
  • Atsuko Mitsumoto,Takayuki Maruyama,Takashi Nakamura,Masato Maeno,Takamichi Takashima,Yoshiko Tobimatsu.“The relationship between the compression value and the soft tissue hardness in transfemoral amputees”.第30回日本義肢装具学会学術大会.岡山,2014-10-18/10-19.
  • 中村喜彦,星野元訓,緒方徹,飛松好子.“頚髄損傷者におけるチェアスキー用バケットシートの適合に関する研究(第2報)”.第30回日本義肢装具学会学術大会.岡山,2014-10-18/10-19.
  • 星野元訓,中村喜彦,梅崎多美,岩﨑洋,飛松好子.“クッション適合のための坐骨部突出定量化手法の試み”.第30回日本義肢装具学会学術大会.岡山,2014-10-18/10-19.
  • 星野元訓,伊藤和幸,新妻淳子,吉田由美子,岩﨑洋,大熊雄祐,廣瀬秀行,関宏三, 岸裕美,櫻井圭祐.“難治性褥瘡症例に対する遠隔地間シーティングにおけるモールド式クッションの適合”.第30回日本義肢装具学会学術大会.岡山,2014-10-18/10-19.
  • Takayuki Maruyama,Takamichi Takashima,Takashi Nakamura,Masato Maeno,Hiroshi Fujimoto,Atsuo Takanishi,“Tissue Distribution Changes in the Trans-Femoral Residual Limb After Donning a Prosthetic Socket”.Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2014.Taiwan,2014-11-28/11-30.
  • 三ツ本敦子,中村隆,丸山貴之,村岡慶裕.“断端硬さ測定装置の押し込み操作の差異が測定値へ与える影響~シリコーン製サンプルによる調査~”.第68回国立病院総合医学会.横浜,2014-11-15.
  • 古瀬友香,徳井亜加根,梅崎多美,塩田琴美,飛松好子.“晴眼者がブラインドスポーツに参加する要件と効果 ―ゴールボール晴眼者チームを結成して―”.第35回医療体育研究会/第18回日本アダプテッドスポーツ体育・スポーツ学会 第16回合同大会.神戸,2014-12-06/12-07.
  • 中村喜彦,星野元訓,緒方徹,飛松好子.“頚髄損傷者におけるチェアスキーバケットシートの胸部パッドと身体支持性に関する研究”.第35回医療体育研究会/第18回日本アダプテッドスポーツ体育・スポーツ学会 第16回合同大会.神戸,2014-12-06/12-07.
  • 徳井亜加根,梅崎多美,江黒直樹,山本至,飛松好子.“ゴールボール専用アイシェードの開発”.第24回日本障害者スポーツ学会.茨城,2014-12-07.
論文発表
  • 徳井亜加根,梅崎多美,北村弥生,三ツ本敦子,飛松好子.“障害者スポーツ選手(肢体不自由・視覚障害)におけるスポーツ傷害の実態”.日本臨床スポーツ医学会誌,22(3):473‐480,2014.
  • 徳井亜加根,北村弥生,梅崎多美,中村好男,塩田琴美,飛松好子.“ゴールボール選手におけるスポーツ傷害とプロテクターに求められる機能”.日本障害者スポーツ学会誌,23:23-28.2015.
研究報告書
  • 中村喜彦,星野元訓,緒方徹.“障害者座位滑走スポーツにおける競技力向上を目指したバケットシート適合に関する研究~チェアスキーバケットシートに関し て~”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成24~26年度総括研究報告書(研究代表者 飛松好子), 235-249,2015.
  • 星野元訓,中村喜彦,緒方徹.“障害者座位滑走スポーツにおける競技力向上を目指したバケットシート適合に関する研究~アイススレッジホッケーにおけるスレッジシートに関して~”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成24~26年度総括研究報告書(研究代表者 飛松好子),251‐258,2015.
  • 星野元訓,中村喜彦,梅崎多美,岩﨑洋.“褥瘡予防に特化した車椅子バスケットボール用クッションに関する研究 ―骨突出著明な脊髄損傷者に対する競技用クッション形状の考察―”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成24~26年度総括研究報告書(研究代表者 飛松好子),259-265,2015.
著書
  • 星野元訓.モールド型,切断に対するシーティング(脊髄損傷を含む).廣瀬秀行,清宮清美編,障害者のシーティング.74-75,94-95,三輪書店,2014.
研修会講師
  • 根岸和諭."義肢製作技術",平成26年度義肢装具等適合判定医師研修会第72回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-08-27.
  • 髙嶋孝倫."下肢装具の基礎と適合判定",平成26年度義肢装具等適合判定医師研修会第72回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-08-28.
  • 根岸和諭."上肢装具の基礎と適合判定",平成26年度義肢装具等適合判定医師研修会第72回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-08-28.
  • 中村喜彦."装具製作技術",平成26年度義肢装具等適合判定医師研修会第72回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-08-28.
  • 星野元訓."体幹装具の基礎と適合判定",平成26年度義肢装具等適合判定医師研修会第72回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-08-29.
  • 中村喜彦."義肢装具概論",平成26年度身体障害者更生相談所身体障害者福祉司等実務研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-09-26.

2013年度

学会・研究会等への発表
  • Kenji Hashimoto,Hiromitsu Motohashi,Takamichi Takashima,Hun-ok Lim,Atsuo Takanishi,“Shoes-wearable Foot Mechanism Mimicking Characteristics of Human's Foot Arch and Skin”.IEEE International Conference on Robotics and Automation.Germany,2013-05-06/05-10.
  • Takuya Otani,Akihiro Iizuka,Daiki Takamoto,Hiromitsu Motohashi,Tatsuhiro Kishi,Przemyslaw Kryczka,Nobutsuna Endo,Lorenzo Jamone,Kenji Hashimoto,Takamichi Takashima,Hun-ok Lim,Atsuo Takanishi,“New Shank Mechanism for Humanoid Robot Mimicking Human-like Walking in Horizontal and Frontal Plane”,IEEE International Conference on Robotics and Automation.Germany,2013-05-06/05-10.
  • Matthieu Destephe,Takayuki Maruyama,Massimiliano Zecca,Kenji Hashimoto,Atsuo Takanishi,The Influences of Emotional Intensity for Happiness and Sadness on Walking,35th Annual International IEEE EMBS Conference.Osaka, 2013-07-03/07-07.
  • 高嶋孝倫,丸山貴之,中村隆,前野正登,藤本浩志.“MRI撮像による大腿義足ソケットと切断端形状の数値化”.日本義肢装具士協会学術大会.沖縄,2013-07-13/07-14.
  • 徳田和彦,星野元訓.“蹴り出し機能を特化させた足部の試作”.日本義肢装具士協会学術大会.沖縄,2013-07-13/07-14.
  • 星野元訓,小幡博基,福﨑千穂,中澤公孝,矢野英雄.“脳卒中片麻痺患者の痙縮に対する水中ノルディックウォークの効果”.生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 LIFE 2013.山梨,2013-09-02/09-04.
  • 丸山貴之,高嶋孝倫,中村隆,前野正登,藤本浩志,高西淳夫.“MRIによる下肢切断者残存肢の組織構成”.日本義肢装具学会学術大会.佐賀,2013-10-26/10-27.
  • 星野元訓,中村喜彦,河島則天,中澤公孝,飛松好子.“下腿切断者における静止立位時の断端筋活動”.日本義肢装具学会学術大会.佐賀,2013-10-26/10-27.
  • 中村喜彦,星野元訓,飛松好子.“頸髄損傷者におけるチェアスキー用バケットシートの適合に関する研究(第1報)”.日本義肢装具学会学術大会.佐賀,2013-10-26/10-27.
  • 徳井亜加根,髙嶋孝倫,梅崎多美,北村弥生,生長佳世子,重松 文,中村好男,飛松好子.“ゴールボール用プロテクターの提案”.日本義肢装具学会学術大会.佐賀,2013-10-26/10-27.
  • 丸山貴之,高嶋孝倫,中村隆,三ツ本敦子,藤本浩志,高西淳夫.“大腿切断端の弾性分布の計測”.バイオメカニズム学術講演会.所沢,2013-11-16/11-17.
  • 星野元訓,中村喜彦,河島則天,中澤公孝.“軌道追従課題による下腿切断者の足部先端位置制御能の評価”.バイオメカニズム学術講演会.所沢,2013-11-16/11-17.
  • 岸裕美,櫻井圭祐,廣瀬秀行,伊藤和幸,新妻淳子,岩崎洋,吉田由美子,星野元訓.“シーティングクリニックの遠隔サポートを試みた症例報告”.第13回日本褥瘡学会北海道地方会.札幌,2014-03-15.
  • 徳井亜加根,梅崎多美,北村弥生,中村好男,塩田琴美,飛松好子.“ゴールボール選手におけるスポーツ傷害とその予防について”.日本障害者スポーツ学会.福岡,2014-03-30.
研究報告書
  • 木下裕光,石塚和重,福永克己,香田泰子,徳井亜加根,梅崎多美,北村弥生.“視覚障害者スポーツ選手における安全確保と競技力向上に関する実態調査-第2報-”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成25年度総括・分担研究報告書(研究代表者 飛松好子).所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,29-54,2014.
  • 徳井亜加根,梅崎多美,北村弥生,江黒直樹,中村好男,塩田琴美.“ゴールボール専用プロテクターの開発に関する研究”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成25年度総括・分担研究報告書(研究代表者 飛松好子).所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,55-80,2014.
  • 中村喜彦,星野元訓,緒方徹.“障害者座位滑走スポーツにおける競技力向上を目指したバケットシート適合に関する研究”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成25年度総括・分担研究報告書(研究代表者 飛松好子).所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,81-94,2014.
  • 星野元訓,中村喜彦,梅崎多美,岩﨑洋.“褥瘡予防に特化した車椅子バスケットボール用クッションに関する研究 -接触圧力分布測定と座位身体形状の定量的評価手法の検討-”.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究.平成25年度総括・分担研究報告書(研究代表者 飛松好子).所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,65-104,2014.
総合報告
  • 髙嶋孝倫,宮川拓也,徳井亜加根.“義肢装具と関連した褥瘡をいかに予防するか”.Medical Rehabilitation,159,27-32,2013.
  • 丸山貴之.“フットケアの現状 -国立障害者リハビリテーションセンター病院におけるフットケア外来-”.POアカデミージャーナル,21(1),11-15,2013.
  • 星野元訓.“切断に対するシーティング(脊髄損傷を含む),地域リハ,8(10),778-779, 2013.
著書
  • 髙嶋孝倫.靴型装具,下肢装具.飛松好子,髙嶋孝倫編,装具学.第4版,25-33,55-105,医歯薬出版,2013.
  • 丸山貴之.靴型装具.飛松好子,髙嶋孝倫編,装具学.第4版,34-41,医歯薬出版,2013.
  • 根岸和諭.把持装具.飛松好子,髙嶋孝倫編,装具学.第4版,179-184,医歯薬出版,2013.
  • 中村喜彦.下肢装具,体幹装具.飛松好子,髙嶋孝倫編,装具学.第4版,105-109,140-146,医歯薬出版,2013.
特許等出願
  • 徳井亜加根.プロテクター.特願2013-193883,出願日2013-09-19.
研修会講師
  • 星野元訓."座位保持装置の種類と製作方法",平成25年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-08-22.
  • 髙嶋孝倫."下肢装具の基礎と適合判定",平成25年度義肢装具等適合判定医師研修会第71回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-08-29.
  • 根岸和諭."上肢装具の基礎と適合判定",平成25年度義肢装具等適合判定医師研修会第71回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-08-29.
  • 星野元訓."体幹装具の基礎と適合判定",平成25年度義肢装具等適合判定医師研修会第71回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-08-30.
  • 中村喜彦."装具製作技術",平成25年度義肢装具等適合判定医師研修会第71回後期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-11-27.
招待講演・特別講演
  • 髙嶋孝倫."下肢装具総論,短下肢装具について",平成25年度埼玉県理学療法士会,所沢エリア講座.所沢,2013.
  • 中村喜彦."長下肢装具,膝装具,対麻痺用装具他",平成25年度埼玉県理学療法士会,所沢エリア講座.所沢,2013.
  • 髙嶋孝倫."足底装具,靴型装具",平成25年度埼玉県理学療法士会,所沢エリア講座.所沢,2013.
  • 徳井亜加根,梅崎多美.“障害者スポーツについて”.早稲田大学スポーツ科学部健康スポーツ論.早稲田大学,埼玉,2014-01-29.
  • 星野元訓."座位保持装置の製作法",第3回座位保持装置製作者認定セミナー.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2014-02-15.

2012年度

学会・研究会等への発表
  • Takayuki Maruyama,Takamichi Takashima,Takashi Nakamura,Hiroshi Fujimoto.“Preliminary study of quantification of shape and elasticity of a residual limb”.Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2012.Kobe,2012-08-03/08-05.
  • 對馬真乃,中村喜彦,廣瀬秀行.“車いす上の姿勢変化が座面圧力に与える影響”,第19回日本義肢装具士協会学術大会.札幌,2012-07-07/07-08.
  • 丸山貴之,髙嶋孝倫,中村隆,三ツ本敦子,前野正登,星野元訓,徳井亜加根,藤本浩志.“義足ソケットの形状と断端の弾性の定量化に関する研究”.第28回日本義肢装具学会学術大会.名古屋,2012-11-10.
  • 星野元訓,中村喜彦,河島則天,中澤公孝.“足部円・楕円描画運動を用いた下腿切断者の下肢運動機能評価の試み”,第28回日本義肢装具学会学術大会.名古屋,2012-11-10.
  • Matthieu Destephe,Takayuki Maruyama,Massimiliano Zecca,Kenji Hashimoto,Atsuo Takanishi,“Improving the Human-Robot Interaction through Emotive Movements”,8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction.Tokyo,2013-03-03/03-06.
研修会講師
  • 髙嶋孝倫.“靴と靴型装具”,平成24年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-08-06/08-09.
  • 丸山貴之.“靴型装具適合学”,平成24年度義肢装具士研修会.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-08-06/08-09.
  • 髙嶋孝倫.“装具製作技術”,平成24年度義肢装具等適合判定医師研修会第70回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-08-29.
  • 根岸和諭.“上肢装具の基礎と適合判定”,平成24年度義肢装具等適合判定医師研修会第70回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-08-30.
  • 星野元訓.“体幹装具の基礎と適合判定”,平成24年度義肢装具等適合判定医師研修会第70回前期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-08-31.
  • 髙嶋孝倫.“義肢製作技術”,平成24年度義肢装具等適合判定医師研修会第70回後期.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2012-11-28.
招待講演・特別講演
  • 星野元訓.“シーティングに関する機器について”,特定非営利活動法人自立生活センター遊TOピアシーティング講習会.熊谷,2012-08-04.
  • 丸山貴之.“足の評価”,靴型装具製作者認定セミナー.国立障害者リハビリテーションセンター,所沢,2013-02-16.
#