論文

( Equal contribution.)

2019

  • Ikeda H, Wada M. Individuals with high autistic traits focus explicitly on body parts when transforming visual perspectives. Psychologia. in press, 2019.

2018

  • Hidaka S, Suzuishi Y, Ide M, Wada M. Effects of spatial consistency and individual difference on touch-induced visual suppression effect. Scientific Reports. 8, 17018, 2018.
  • Atsumi T, Ide M, Wada M. Spontaneous discriminative response to the biological motion displays involving a walking conspecific in mice. Frontiers in Behavioral Neuroscience. 12, 263. 2018.
  • Fukui T, Sano M, Tanaka A, Suzuki M, Kim S, Agarie H, Fukatsu R, Nishimaki K, Nakajima K, Wada M. Older adolescents and young adults with autism spectrum disorder have difficulty chaining motor acts when performing prehension movements compared to typically developing peers. Frontiers in Human Neuroscience. 12, 430, 2018.
  • Ide, M., Yaguchi, A., Sano, M., Fukatsu, R., & Wada, M. Higher tactile temporal resolution as a basis of hypersensitivity in individuals with autism spectrum disorder. Journal of Autism and Delopmental Disorders. 49(1)44-53, 2019 (Published online 2018 Jul 17).

2017

  • Ide M & Wada M. Salivary oxytocin concentration associates with the subjective feeling of body ownership during the rubber hand illusion. Frontiers in Human Neuroscience, 11:166, doi:10.3389/fnhum.2017.00166, 2017.
  • Takemura N, Inui T & Fukui T. A Neural network model for development of reaching and pointing based on the interaction of forward and inverse transformations, Developmental Science, in press.
  • Yamaguchi Y, Atsumi T, Poirot R, Lee YA, Kato A & Goto Y. Dopamine-dependent Visual Attention Preference to Social Stimuli in Non-human Primate. Psychopharmacology, 234(7): 1113–1120, 2017.
  • Atsumi T, Koda H & Masataka N. Goal attribution to inanimate moving objects by Japanese macaques (Macaca fuscata). Scientific Reports, 7, 40033, 2017.

2016

  • Ide M, Hidaka S, Ikeda H & Wada M. Neural mechanisms underlying touch-induced visual perceptual suppression: An fMRI study. Scientific Reports, 6, 37301, 2016.
  • Wada M, Takano K, Ora H, Ide M & Kansaku K. The Rubber Tail Illusion as Evidence of Body Ownership in Mice. Journal of Neuroscience, 36(43):11133-11137, 2016.
  • Ide M & Wada M. Periodic visuotactile stimulation slowly enhances the rubber hand illusion in individuals with high autistic traits. Frontiers in Integrative Neuroscience, 10:21, 2016.
  • Ikeda H & Watanabe K. Action congruency influences crowding when discriminating biological motion direction. Perception, 45(9):1046-1059,2016.
  • Wada M & Ide M. Rubber hand presentation modulates visuotactile interference effect, especially in persons with high autistic traits. Experimental Brain Research, 234(1):51-65, 2016.
  • 池田華子, 田中智明, 日高聡太, 石山智弘, 宮崎弦太(2016)動画像の解像度の違いが感性的印象へ及ぼす影響―撮影対象と提示方法に着目して―.認知科学.23巻2号,pp101-117.

2015

  • Hidaka S & Ide M. Sound can suppress visual perception. Scientific Reports, 5, 10483, 2015.
  • Fukui T & Inui T. Use of early phase online vision for grip configuration is modulated according to movement duration in prehension. Experimental Brain Research, 233(8): 2257-2268, 2015.
  • Takemura T, Fukui T & Inui T. A computational model for aperture control in reach-to-grasp movement based on predictive variability, Frontiers in Computational Neuroscience, 9, 143, 2015.
  • Nishikawa N, Shimo Y, Wada M, Hattori N & Kitazawa S. Effects of aging and idiopathic Parkinson’s disease on tactile temporal order judgment. PLOS ONE. 10(3) e0118331, 2015.

2014

  • Wada M, Suzuki M, Takaki A, Miyao M, Spence C & Kansaku K. Spatio-temporal processing of tactile stimuli in autistic children. Scientific Reports, 4:5985, 2014.

学会等

2018

  • 井手正和.発達にともなう感覚・運動の障害の神経生理機序.感覚統合講習会(2018年4月22日,心身障害児総合医療療育センター 本館3階会議室)
  • 井手正和.臨床現場での応用を目指した感覚過敏の神経生理に関する研究紹介.発達障害の感覚・運動で見られる問題の実像とその神経基盤(2018年5月24日,京都大学こころの未来研究センター未来研究センター別館)
  • 和田真. 発達障害者の得意・不得意のもとになる個性創発の認知神経基盤の解明. 新学術領域研究「個性」創発脳領域会議,京都大学, 2018.7.24.
  • 和田真. マウスとヒトの自我漏洩感の錯覚. 薬物・精神・行動の会. 東京慈恵会医科大学. 2018.6.29.
  • Yumi Umesawa, Misako Sano, Seiki Tajima, Kengo Nishimaki, Reiko Fukatsu, Shinichiro Kumagaya, Makoto Miyazaki, Makoto Wada. Individual differences of Bayesian estimation in individuals with autism spectrum disorder. Toward Understanding “INDIVIDUALITY”, Kyoto, 2018.7.24-25.
  • Mrinmoy Chakrabarty, Takao Fukui, Makoto Wada. Gaze behavior in individuals with autism spectrum disorders (ASD) triggered by facial eye-gaze cues. 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター,2018.7.26.
  • Takeshi Atsumi, Masakazu Ide, Yumi Umesawa, Mrinmoy Chakrabarty, Keiichi Yasu, Ayako Yaguchi, Misako Sano, Reiko Fukatsu, Makoto Wada. Neural circuit of hypersensitivity derived from high temporal resolution of sensory stimuli: evidence from autism-spectrum disorders. 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター,2018.7.26.
  • Yumi Umesawa, Misako Sano, Seiki Tajima, Kengo Nishimaki, Reiko Fukatsu, Shinichiro Kumagaya, Makoto Miyazaki, Makoto Wada. Sensorimotor abnormalities in individuals with autism spectrum disorder based on disorder of Bayesian estimation. 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター,2018.7.27.
  • Makoto Wada, Masakazu Ide, Hanako Ikeda, Misako Sano, Ari Tanaka, Mayuko Suzuki, Hiromi Agarie, Sooyung Kim, Kengo Nishimaki, Reiko Fukatsu, Yasoichi Nakajima, Makoto Miyazaki. Cutaneous and stick rabbit illusion tasks in individuals with autism spectrum disorder. 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター,2018.7.27.
  • 井手正和.感覚過敏の神経生理過程が明かす自閉スペクトラム症者の内的世界.認知科学大会第35回大会(オーガナイズド・セッション:認知ミラーリングと社会的認知:気づかれにくい障害の理解と支援)(2018年8月30日-9月1日,立命館大学 大阪いばらきキャンパス)
  • Makoto Wada. Do mice have sense of agency for their actions? 日本動物心理学会第78回大会,東広島芸術文化ホール くらら, 2018.8.30.
  • 和田真. 自閉スペクトラム症における感覚情報処理と身体イメージの特徴.第33回大脳基底核研究会,アジュール竹芝, 2018.8.25.
  • 梅沢侑実,松島佳苗,渥美剛史,加藤寿宏,深津玲子,和田真,井手正和. 一次運動野のGABA増加と自閉スペクトラム症者の粗大運動障害との関連. 第12回Motor Control研究会 (2018年8月18-20日, 上智大学四谷キャンパス)
  • 梅沢侑実.運動野のGABA濃度と関連する自閉スペクトラム症の発達性協調運動障害. 日本心理学会第82回大会(小講演), 2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 井手正和. 社会性の障害と感覚過敏. 日本心理学会第82回大会(シンポジウム「社会的情報の神経心理学 ―「共生」のあり方を探る―」【話題提供】),2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 渥美剛史. 社会的手がかりへの過敏性の認知神経基盤をモデル動物から探る. 日本心理学会第82回大会(シンポジウム「社会的情報の神経心理学 ―「共生」のあり方を探る―」【話題提供】),2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 矢口彩子. 定型発達者の示すASD下位特性と視聴覚情報処理との間の関係性の検討. 日本心理学会第82回大会(シンポジウム「定型発達者を対象とした障害特性に関する実験心理学的検討の可能性」【話題提供】), 2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 和田真. 感覚処理における臨床群と自閉傾向の高い定型発達者の比較. 日本心理学会第82回大会(シンポジウム「定型発達者を対象とした障害特性に関する実験心理学的検討の可能性」【指定討論】), 2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 和田真. マウスとヒトの身体表象とその障害. 日本心理学会第82回大会(シンポジウム「動物を人の心のモデルとすることの意義」【話題提供】), 2018年9月27-29日,仙台国際センター.
  • 鈴石陽介,日高聡太,井手正和,和田真. 触覚誘導性視知覚抑制効果における視触覚刺激の空間一致性と自閉傾向の影響に関する検討. 第10回多感覚研究会, 2018年10月20-22日,東北大学.
  • 和田真, 日高聡太,鈴石陽介,井手正和. 視触覚刺激の空間一致性と自閉傾向が触覚誘導性視知覚抑制効果に及ぼす影響. 次世代脳プロジェクト2018年度冬のシンポジウム, 2018年12月13日,一橋講堂.
  • 梅沢侑実,熊谷晋一郎, 宮崎真, 和田真. 触覚時間順序判断におけるベイズ予測の影響と自閉傾向. 第7回日本発達神経科学学会学術集会, 2018年11月24-25日,東京大学.
  • 和田真,林克也,西山秀樹,西牧謙吾. 自閉スペクトラム症者とそれ以外の発達障害者の感覚の問題の比較:WEB調査による検討. 第7回日本発達神経科学学会学術集会, 2018年11月24-25日,東京大学.
  • 和田真. 自閉スペクトラム症の身体性の問題と感覚情報処理の特徴. 第11回脳情報学セミナー, 2019/01/22, 静岡大学.
  • 鈴木香寿恵, 和田真, 山下祐一. 階層ガウシアンフィルタを用いた触覚時間順序判断課題モデリング. 「脳と心のメカニズム」冬のワークショップ 2019, 2019/1/10, ルスツリゾート.
  • 和田真. 比較認知的観点からの自閉スペクトラム症の身体の捉え方の特徴. 日本発達心理学会第30回大会, 2019/3/17, 早稲田大学(シンポジウム「自閉症スペクトラム障害の脳神経基盤と効果的介入」【話題提供】).
  • Wada M, Ide M, Atsumi T, Takano K, Sano Y, Shinoda Y, Fruichi T, Kansaku K. Lower C-Fos expressions in the posterior parietal cortex during rubber tail task in Caps2 KO mice. 9th FAOPS (第96回日本生理学会大会), 2019/3/29, 神戸コンベンションセンター.

2017

  • 梅沢侑実,池田華子,井手正和,佐野美沙子,深津玲子,宮崎真,和田真. 自閉スペクトラム症者の運動の困難と認知特性の関係性解明についての取り組み.新学術領域研究「個性」創発脳 第二回領域会議. 静岡, 2017-7-7/7-8.
  • 和田真. 発達障害者の得意・不得意の背景にある認知神経基盤の解明にむけて.新学術領域研究「個性」創発脳 第二回領域会議. 静岡, 2017-7-7
  • Ide, M., Atsumi, T., Yasu, K., Wada, M. Extraordinary enhanced temporal resolutions in a person with autism-spectrum disorders: a voxel based morphometry MRI study. 第40回日本神経科学大会. 千葉, 2017- 7-21.
  • Atsumi, T., Ide, M., Sano, Y., Shinoda, Y., Furuichi, T., Wada, M. Altered discriminative response to biological motion of conspecifics in Ca-dependent activator protein for secretion (CAPS) 2 knockout mice. 第40回日本神経科学大会. 千葉, 2017- 7-21.
  • Atsumi, T., Ide, M., Sano, Y., Shinoda, Y., Furuichi, T., Wada, M. Aberrant responses to the biological motion of CAPS2 knockout mice by conspecifics. 行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会), 東京, 2017-8-30
  • 和田真, 渥美剛史, 井手正和, 佐野良威, 篠田陽, 古市貞一, 神作憲司. ラバーテイル応答における Caps2 遺伝子欠損マウスへのオキシトシン投与に関する予備検討. 行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会), 東京, 2017-8-30, 31
  • 井手正和.自閉スペクトラム症の感覚過敏の認知神経基盤.日本心理学会第81回大会 シンポジウム(2017年9月20日, 久留米シティプラザ)
  • Ide M, Atsumi T, Chakrabarty M, Yasu K, Wada M. Neural basis of a case of autism-spectrum disorders who showed extraordinary higher temporal resolution to stimuli. The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Yaguchi A, Ide M, Sano M, Wada M. Sensory processing underlying hypersensitivity and repetitive behavior in individuals with autism-spectrum disorders: By focusing on temporal resolution and detection sensitivity. The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Atsumi T, Ide M, Sano Y, Shinoda Y, Furuichi T, Wada M. Study of time-dependent response trait to tactile stimulation in a ASD model mice. The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Fukui, T. & Wada, M (2017) How do later adolescents and adults with autism spectrum disorder use gaze cue when they track moving face image? 47th meeting of the European Brain and Behaviour Society (EBBS), 8-11 September, Bilbao, Spain.
  • 福井隆雄・佐野美沙子・田中有・鈴木繭子・金樹英・東江浩美・深津玲子・西牧謙吾・中島八十一・和田真(2017) 把持・持ち上げ動作間の連結化における自閉傾向の影響,日本心理学会第81回大会. 2017-09-20/09-22(発表日22日),久留米シティプラザ.
  • 和田真, 自閉スペクトラム症者における 感覚情報の予測と後測. 第6回発達神経科学学会. CiNet(大阪府吹田市), 2017-11-26.
  • 和田真・池田華子・浅田晃佑・佐野美沙子・深津玲子・熊谷晋一郎. 自閉スペクトラム症者における触覚時間順序判断中の視覚干渉効果. 第6回発達神経科学学会. CiNet(大阪府吹田市), 2017-11-25/11-26.
  • 梅沢侑実・和田真.触覚・視覚の情報処理特性と自閉傾向の関連.新学術領域研究「個性」創発脳第1回A01班集会「個性をとらえる基本概念」. 東京大学, 2017-12-9.
  • 井手正和,渥美剛史,ムリンモイ・チャクラバティ,安啓一,和田真.触覚刺激の時間処理精度の認知神経基盤―自閉スペクトラム症の1症例に着目して―.次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム. 一橋大学 一橋講堂, 2017-12-20/12-22.
  • 渥美剛史, 井手正和, 佐野良威, 篠田陽, 古市貞一, 和田真.Caps2 KO自閉症モデルマウスにおける触覚刺激の時間分解能の検討次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム. 一橋大学 一橋講堂, 2017-12-20/12-22.
  • 和田真・井手正和・池田華子・佐野美沙子・田中有・金樹英・鈴木繭子・東江浩美・西牧謙吾・深津玲子・中島八十一・宮崎真.自閉スペクトラム症者の皮膚ラビット錯覚の特徴.次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム. 一橋大学 一橋講堂, 2017-12-20/12-22.
  • 井手正和.過剰な時間処理精度を生じる神経基盤と感覚過敏の関連, 新学術領域研究 こころの時間学 第2回領域会議,沖縄コンベンションセンター, 2018-01-29/01-30.
  • 渥美剛史,井手正和,ムリンモイ・チャクラバティ,矢口彩子,安啓一,和田真.自閉スペクトラム症の1例に着目した感覚過敏の認知神経基盤. 新学術領域研究 こころの時間学 第2回領域会議,沖縄コンベンションセンター, 2018.01.29-30.
  • 和田真.マウスとヒトの身体感覚. ヒト行動のアニマルモデルとメカニズム探求研究会, ホテルマイステイズ御茶ノ水, 2018.01.21.
  • Ikeda, H., Wada, M.., & Watanabe, K. Link between color–space association, left–right confusion, mirror image copy, and autistic traits. 10th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST), Chiangmai, Thailand. 2018.1.31-2.3.
  • 和田真. 身体像の錯覚からみた自閉スペクトラム症の特徴. 新潟大学脳研究所特別例会, 新潟大学, 2018.3.2.
  • 和田真. 感覚間情報処理からみた自閉スペクトラム症の特徴. 第24回CAPS研究会, 関西学院大学, 2018.2.12.
  • Wada, M., Ide, M., Atsumi, T., Takano, K., Ora, H., Kansaku, K. C-Fos expressions in the cerebral cortex during rubber tail task in mice. 第95回日本生理学会大会, サンポート高松, 高松, 2018.3.30.
  • Wada M., Making ideal research environment -Lab launching and knowledge management. 第95回日本生理学会大会, サンポートホール高松(香川県高松市), 2018.3.29.

2016

  • 福井隆雄,和田真.自閉症者の顔画像追跡動作における視線手がかりの効果.日本発達心理学会第27回大会.札幌,2016-4-29/5-1.
  • Fukui T & Wada M. (2016) Effect of gaze cue on eye movements toward sequentially presented face images in autism spectrum disorders. International Meeting of the Psychonomic Society. Granada, Spain, 2016-5-5/5-8.
  • 池田華子,和田真,渡邊克巳.左右弁別判断と鏡像模倣のしやすさの自閉傾向との関連.日本認知心理学会第14回大会.広島,2016/6/18-19.
  • 福井隆雄,金樹英,東江浩美,鈴木繭子,西牧謙吾,中島八十一,和田真. 到達把持運動における自閉症者のオンライン視覚の利用特性.日本認知心理学会第14回大会.広島,2016/6/18-19.
  • Ikeda H & Wada M. Influence of autistic traits on Left-Right discrimination in different perspective taking. The 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Yokohama, Japan. 2016/7/24-29.
  • Fukui T & Inui T. Crucial period of online vision for grasping control is modulated according to movement duration. The 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Yokohama, Japan. 2016/7/24-29.
  • Hidaka S & Ide M. Crossmodal perceptual masking effect. The 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Yokohama, Japan. 2016/7/24-29.
  • Yaguchi A, Ide M & Wada M. Tactile temporal resolution associates with hypersensitivity in persons with autism-spectrum disorders. 第39回日本神経科学学会大会, パシフィコ横浜, 2016/7/20-22.
  • Ikeda H & Wada M. Autistic traits indicate characteristic relation between self-body, others-body, and spatial direction. The 39th European Conference on Visual Perception (ECVP2016), Barcelona, Spain. 2016/8/28-9/1.
  • 福井隆雄,和田真.顔画像追跡動作時の視線行動特性 (II) -自閉症スペクトラム指数との関連を探る-.電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(HIP)研究会.奈良,2016/9/27-28.
  • 和田真,発達障害者の感覚情報処理の特徴とオキシトシンとの関係 第4回自閉症と音声研究会,国立情報学研究所,2016.10.16【招待講演】(話題提供)
  • 池田華子・和田真(2016/10/29-30)視点切り替えを要する左右判断課題遂行時の手がかりとなる座標.日本基礎心理学会第35回大会,東京女子大学.
  • Ide M & Wada M. Salivary oxytocin concentration is correlated with the subjective feeling of body ownership during the rubber hand illusion. Neuroscience 2016, San Diego, California, 2016.11.12-16.
  • Yaguchi A, Ide M, Wada M. Tactile temporal resolution might correlate with degree of hypersensitivity in individuals with autism-spectrum disorders. Neuroscience 2016, San Diego, California, 2016.11.12-16.
  • Wada M, Ide M, Atsumi T, Yagishita K, Katakai M, Shinoda Y, Furuichi T & Kansaku K. A rubber tail task in Ca-dependent activator protein for secretion (CAPS) 2 knockout mice. Neuroscience 2016, San Diego, California, 2016.11.12-16.
  • Atsumi T, Ide M & Wada M. Do mice discriminate biological motion ? 日本動物心理学会第76回大会, 北海道大学 学術交流会館, 2016.11.23-25.
  • Wada M, Ide M, Atsumi T, Yagishita K, Katakai M, Shinoda Y, Furuichi T & Kansaku K. A rubber tail task in CAPS2 KO mice: second report.日本動物心理学会第76回大会, 北海道大学 学術交流会館, 2016.11.23-25.
  • 池田華子・浅田晃佑・熊谷晋一郎・和田真(2016/11/26-27).異なる身体座標系での左右判断に自閉傾向が及ぼす影響.発達神経科学学会第5回学術集会,東京大学.
  • 和田真・池田華子(2016/11/26-27).ラバーハンド呈示とその空間配置が触覚時間順序判断における視覚干渉効果に及ぼす影響と自閉傾向との関係.発達神経科学学会第5回学術集会,東京大学.
  • Ide M, Yaguchi A & Wada M. Extraordinary enhanced temporal resolutions in touch and sound in a person with autism-spectrum disorders: a single-case study. 第94回日本生理学会大会, 静岡, 2017/3/28-31
  • Wada M, Ide M, Takano T, Ora H & Kansaku K. Comparison between response in real tail grasping and rubber tail illusion in mice. 第94回日本生理学会大会, 静岡, 2017/3/28-31

2015

  • Ide M & Wada M. Effect of a rubber hand presentation on visuotactile temporal order judgment: association with autistic traits. 16th International Multisensory Research Forum (IMRF 2015), Pisa, Italy, 2015. 6. 13-17
  • Ikeda H, Takahashi K, Wada M. Individual differences in association between spatial direction and color image. 16th International Multisensory Research Forum (IMRF 2015), Pisa, Italy, 2015. 6. 13-17
  • Wada M & Ide M. Effect of a rubber hand presentation on visuotactile cross-modal dynamic captures: association with autistic traits. 16th International Multisensory Research Forum (IMRF 2015), Pisa, Italy, 2015. 6. 13-17
  • 池田華子、田中智明、日高聡太、石山智弘、宮崎弦太:動画像の解像度,撮影対象,提示方法が感性的印象へ及ぼす影響 認知心理学会第13回大会、東京大学.2015/7/4-5
  • 福井隆雄,レヴォルパトリス,サルムロメオ,ピゼラロール,ロッセッティイヴ:頭頂葉損傷患者における把持とそのパントマイムの運動学的特性,日本認知心理学会第13回大会,東京大学.2015/7/4-5
  • Ide M & Wada M: Effects of rubber hand presentation on visuotactile temporal order judgment 第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場. 2015/7/28-31
  • Wada M & Ide M: Effects of rubber hand presentation on visuotactile cross-modal dynamic captures 第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場. 2015/7/28-31
  • Fukui T, Nakajima Y, Wada M. Use of online vision for reach-to-grasp movements in adolescents with autism spectrum disorders, 38th European Conference on Visual Perception. Liverpool, UK, 2015-8-23/8-27.
  • 福井隆雄,和田真 (2015/9/29).顔画像追跡動作時の視線行動特性 -定型発達者と自閉症者の比較-,ヒューマン情報処理(HIP)研究会,京都
  • 池田華子・高橋康介・和田真(2015/9/22-24).空間方向と色イメージとの連合 -自閉傾向からの検討-  日本心理学会第79回大会,名古屋国際会議場
  • 池田華子・和田真(2015/9/6-7).視覚情報呈示位置が触覚の時間順序判断に及ぼす影響―自閉症傾向からの検討― 発達神経科学学会第4回学術集会,大阪大学.
  • Wada M, Ide M, Yagishita K, Katakai M, Shinoda Y, Furuichi T, Kansaku K (2015/9/10-12). A rubber tail task in CAPS2 KO mice: an initial study. 第75回日本動物心理学会大会,日本女子大学
  • 池田華子 (2015/9/5) バイオロジカルモーション知覚におけるクラウディング.第69回知覚研究会,東京.【招待講演】
  • 和田真 (2015/10/31).自閉症スペクトラムにおける視触覚の相互作用と身体イメージの可塑性. 熊本大学心の可塑性研究ユニット主催シンポジウム「脳がつむぐ知覚世界とその適応的変化」,熊本大学.【招待講演】
  • 日高聡太,井手正和,音によって生じる視知覚の抑制 日本基礎心理学会第34回大会, 大阪樟蔭女子大学,2015.11.28-29
  • 福井隆雄,井上和哉,小松丈洋,佐藤暢哉,ヘッドマウントディスプレイを用いた到達把持運動における視覚・触覚情報の寄与に関する検討 日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究委員会,鹿児島,2015.11.13-14
  • 池田華子,和田真,視覚刺激の位置が触覚時間順序判断に及ぼす影響 −自閉傾向からの検討− 第7回多感覚研究会,東京女子大学, 2015.11.7-8
  • 井手正和,和田真,自閉傾向がラバーハンド提示時の視触覚間の時間分解能に及ぼす影響 第7回多感覚研究会,東京女子大学, 2015.11.7-8
  • 和田真,多感覚の情報処理と身体像-自閉傾向と比較認知からの検討- 第7回多感覚研究会,東京女子大学,2015.11.7【招待講演】
  • 和田真,自閉スペクトラム症の多感覚情報処理と身体像 第3回自閉症と音声研究会,工学院大学,2015.11.3【招待講演】(話題提供)
  • Ide M, Wada M. Body representation based on visuotactile integration in human and animal. 京都大学理学研究科生物学専攻心理セミナー, 名古屋,京都大学霊長類研究所, 2015-12-15【招待講演】
  • 井手正和、和田 真:ヒトと自閉症モデル動物の感覚間統合と感覚過敏の研究紹介 感覚とその発達メカニズムに関する研究交流会、京都大学こころの未来研究センター、2016.2.24【招待講演】
  • Ide M & Wada M. Associations between salivary oxytocin concentration and subjective feeling during rubber hand illusion. 第93回日本生理学会大会 (2016年3月, 札幌コンベンションセンター)
  • Wada M, Ide M, Ora H & Kansaku K. C-Fos and Arc expression during a rubber tail task in mice: an initial study. 第93回日本生理学会大会 (2016年3月, 札幌コンベンションセンター)
  • Wada M, Multisensory processing and body image in human and animals. 2016 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University, 静岡大学 浜松キャンパス、2016.3.3【招待講演】

2014

  • Wada M, Ora H, Takano K, Kansaku K: Mice may experience body ownership of the tails. 15th International Multisensory Forum (June, 2014, Amsterdam, The Netherlands)
  • Ide M & Hidaka S: Touch-induced visual masking effect. 15th International Multisensory Forum (June, 2014, Amsterdam, The Netherlands)
  • Wada M, Ora H, Takano K, Kansaku K: A rubber tail task in mice: effect of spatial location of the rubber tails. 第74回日本動物心理学会大会 (H26.7.19-20, 犬山)
  • 井手正和, 日高聡太. 触覚刺激による視覚刺激の見えの抑制. 日本認知心理学会第12回大会 (2014年6月, 仙台国際センター)
  • Wada M, Ora H, Takano K, Kansaku K: A rubber tail task in mice: effect of visual occlusion. 第37回日本神経科学大会(H26.9.11-13, 横浜)
  • 福井隆雄, 井上和哉, 小松丈洋, 佐藤暢哉: 把持動作の指間距離調節における視覚・触覚情報の寄与,日本心理学会第78回大会(H26.9.10-12, 京都)
  • 井手正和, 日高聡太, 和田真. 自己身体表象の基盤となる視触覚間相互作用研究とその障害. 第42回Cognitive Science Meeting、2014年10月17日 千葉大学.【招待講演】
  • Chu S. Y, Sakai N, Mori K, Ide M & Iverach L: Psychometric Evaluation of the Japanese Unhelpful Thoughts, Beliefs & Anxiety About Stuttering. American Speech-Language-Hearing Association (November, 2014, Florida)
  • 井手正和,和田真. 周期的触覚刺激がラバーハンド錯覚に及ぼす効果. 第6回多感覚研究会、2014年11月12-13日 広島大学.
  • 和田真,大良宏樹,高野弘二,神作憲司. マウスのラバーテイル課題. 第6回多感覚研究会、2014年11月12-13日 広島大学.
  • 井手正和,日高聡太. 触覚誘導性視覚マスキング. 日本基礎心理学会第33回大会サテライトオーラルセッション (2014年12月, 首都大学東京)
  • 和田真. 自閉症スペクトラム障害と多感覚情報処理. 第2回自閉症と音声に関する研究会, 工学院大学, 2015-03-08.【招待講演】(話題提供)
  • Fukui T, Nakajima Y & Wada M. Effect of online vision on control of reach-to-grasp movement in autism spectrum disorders: a preliminary study. 6th Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation (SNR2015). Tokorozawa, Japan, 2015.3.11-12
  • Ide M & Wada M. Effects of periodicity of brush stroking on the rubber hand illusion associations with AQ score. 6th Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation (SNR2015). Tokorozawa, Japan, 2015.3.11-12
  • Nishikawa, N, Shimo, Y, Wada M, Hattori, N, Kitazawa, S. Effects of Parkinson’s disease and aging on temporal order judgment of tactile stimuli. 6th Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation (SNR2015). Tokorozawa, Japan, 2015.3.11-12
  • Wada M, Ora H, Takano K, Kansaku K. Mice may feel body ownership of their tails. 6th Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation (SNR2015). Tokorozawa, Japan, 2015.3.11-12
  • 福井隆雄. Visuomotor transformation process in parietal patients.「認知科学の先端と応用」研究会. 東京,2015-03-13.
  • 井手正和, 和田真. 筆刺激の周期性がラバーハンド錯覚に及ぼす効果. 第92回日本生理学会大会, 神戸国際会議場・展示場, 2015-3-23.
  • 和田真, 井手正和. モダリティ間干渉効果におけるラバーハンド提示の効果. 第92回日本生理学会大会, 神戸国際会議場・展示場, 2015-3-23.
  • 西川奈津子, 下泰司, 和田真, 服部信孝, 北澤茂. 触覚刺激の時間順序判断に対する加齢および特発性パーキンソン病の影響. 第92回日本生理学会大会, 神戸国際会議場・展示場, 2015-3-23.