国立障害者リハビリテーションセンター研究所脳機能系障害研究部 > 発達障害研究室
日本語 | English
 
 脳機能系障害研究部

 発達障害研究室

   生きにくさのもとになる脳の仕組みを明らかにします

ホーム メンバー 研究内容 業績
News &Topics: 
 
発達障害の方の日常生活上の困難として、感覚や運動の問題が大きいことが知られています。 そこで、私たちは、これらのテーマについて、マウスを用いた遺伝子・神経回路レベルの研究と、障害当事者の方を対象にした研究を行い、多様な「生きにくさ」を引き起こす脳の仕組みを明らかにし、新たな発達支援方法の開発に応用することを目指しています。

「生きにくさ」の解消に向けて 研究の概要  
室長 和田 真
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4-1
TEL: 04-2995-3100 (内線 2586)
FAX: 04-2995-3132
wada-makoto@rehab.go.jp

researchmap
(プロフィール)

 

国立障害者リハビリテーションセンター  バナー2 サイズ234×60 17KB