<機筌▲廛蹇璽

 頸髄損傷者の住宅整備において家屋へのアプローチは重要なポイントです。家屋かへの出入りが自力で可能になれば社会交流にもつながり、自立(自律)した生活への第一歩となります。
車いす生活において、床面の高い日本家屋では出入りが難しくなる場合が多いのが現状です。主に敷地面積・立地条件・金銭面(価格や維持費)・本人や家族の意向を考慮しながら、スロープの作製か、段差解消機の設置を行うかどうかの検討を行います。また、家屋内へ入るときだけではなく、道路から敷地内に入るときなど屋外にも段差がある場合があり、その解消も必要です。アプローチを行う時に使用する車いすが、手動・電動のどちらを使用するのかということも検討するポイントとなります。
 新築家屋の場合は、床下に防湿処理を行い、床高をなるべく低くする方法を用いた例もあります。

ⅰ)スロープ(ポイント)

※クリックすると大きな画像が見られます。

勾配

 頸髄損傷者の住宅整備において家屋へのアプローチは重要なポイントです。家屋かへの出入りが自力で可能になれば社会交流にもつながり、自立(自律)した生活への第一歩となります。
車いす生活において、床面の高い日本家屋では出入りが難しくなる場合が多いのが現状です。主に敷地面積・立地条件・金銭面(価格や維持費)・本人や家族の意向を考慮しながら、スロープの作製か、段差解消機の設置を行うかどうかの検討を行います。また、家屋内へ入るときだけではなく、道路から敷地内に入るときなど屋外にも段差がある場合があり、その解消も必要です。アプローチを行う時に使用する車いすが、手動・電動のどちらを使用するのかということも検討するポイントとなります。
新築家屋の場合は、床下に防湿処理を行い、床高をなるべく低くする方法を用いた例もあります。

設置スペース

 直線・折り返しとも、敷地内に使用可能なスロープ設置が可能かどうかの検討を行います。設置場所は屋内外への導線(敷地外への出入りなど)や車の乗降を行う場所との導線も考慮します。

動作(車いす操作)・安全面

 使用者の車いすの操作能力を把握し、角度や距離を想定します。連続した昇降が困難な場合は、スロープの途中に休憩できるフラットなスペースがあれば安全に動作が可能です。扉の前に安全な開閉のため、フラットなスペースが必要です。また、車いすが脱輪しないようにスロープのサイドを立ち上げておくことも有効です。直接手すりを使用することは少ないですが、転落防止のために取り付ける場合もあります。スロープの材質は、タイヤ等が滑りにくい素材にし、スロープ上には雨天時にも使用可能なように雨よけがあることが理想です。

介助による

 直線・折り返しとも、敷地内に使用可能なスロープ設置が可能かどうかの検討を行います。設置場所も、屋内外への導線を考慮します。また、限られたスペースでのスロープ設置は困難となる場合があることから、介助者がいることを前提に簡易スロープを使用する方法もあります。(ただし、勾配が急になることが多いため、安全に介護が可能かどうかの検証も必要です)

集合住宅や賃貸住宅

 賃貸住宅の場合には、スロープの設置には持ち主の了承が必要です。居室が1階部分(もしくは賃貸の戸建て)の場合、玄関ではなくベランダ側にスロープを設置して出入りが可能となることもあります。また、マンションを含めた集合住宅の場合、共用玄関や自宅の外にある廊下等にスロープを設置する場合もあります。自力で使用できる長さのものを設置する場合には、長さ・幅とも広いスペースが必要になる場合があるので、共用部分として家主や共用での使用者の理解や同意を得ることも必要です。

介助による

 スロープ設置に当たり、体調不良や加齢により使用が困難になることを想定しておく必要があります。また、玄関ではなく避難路としてスロープを設けることがあります。
  床面素材は天候に左右されずに車いすのタイヤが滑りにくいものにします。また、スロープの端は車いすのタイヤが落ちないような工夫(端の立ち上げや手すりの設置)を行えば安全です。

ⅱ)段差解消機(ポイント)

種類

埋め込み式

 埋め込み用のピット(穴)の工事が必要です。玄関等に設置する場合は外観を揃えることなどが可能。屋外に設置する場合はピットに排水可能な設備を設ける必要もあります。

据え置き式

 ピット工事が不要でスペースがあればどこにでもおくことが可能です。機器の厚みの段ができるため数センチ用のスロープ付きのものが多く、そのスロープを自力で乗降できる能力も必要です。また、機種によっては、乗り込みの段差の厚みが10mm〜20mmの薄型のものもあります。

設置スペース

 屋外・屋内と諸条件により設置困難な場合があるので、設置可能かどうかのスペース確認を行います。また、解消機への乗降の方向も機種により制限されることもあるため、アプローチや車いす駆動を考えた解消機周りのスペースの検証も必要です。玄関を入った中に段差解消機を設置する場合と、屋外に設置する場合とがあり、家屋の状況を見て判断します。機器を設置する場所には、電源の確保が必須となります。

動作・安全面

 解消機には段差や短いが勾配の大きなスロープがある機種もあるため、そこへ自力で安全に乗降可能かを確認します。また、屋外に設置の場合は、スロープと同様に雨よけがあると有効です。スイッチ操作においても、実用性があるかどうかの判断を行い、念入りに機器を選定します。
※段差解消機を設置する場合であっても、避難路として別途スロープを設けることもあります。