<次篝面所

 洗面所を使用するためには、車いすで使用可能な洗面台の設置が必要です。膝が入る高さであっても足先がつかえる場合があるので、現物を参考にしながら実際に寸法を測定し選定を行います。レバーにより高さ調整ができる洗面台もありますが、足先が奥まで入り込めないものもあります。使用者の体型に合わせて設置することが望ましいです。水洗レバーは使用しやすいものにし、サーモスタット付き(温度固定できるもの)であれば安全です。

洗面所のポイント

選定

 車いす使用時の膝、足先の入り込みが十分に行えるものを選定します。(洗面台下を空洞にして寄付きをよくした場合であっても、実際に車いすを使用し、使用可能かどうかの確認が必要です)また、レバー、シャワーノズルは使用者によっては改良を加えなければ使用できないこともあるので、動作確認をしながら検討します。

スペース

 洗面台の設置にあたり、車いすが周辺で取り回せるかどうかの確認が必要です。また、家族と兼用せずに、使用者専用のものを自室内や水周りに設ける場合もあります。

集合住宅や賃貸住宅

 車いすで使用しやすいタイプの洗面台(下肢が入り込めるタイプ)に交換することが有効です。しかし、賃貸住宅の場合は交換や設置など、持ち主の許可(理解)がなければ困難です。設置が難しい場合は、車いすを既存の洗面台かキッチンへ横付けして使用する場合もあります。