<宗簑羹

 車いす上が生活の主となる頸髄損傷者が使用する場合、膝が流し台の下に入り込めることが前提となります。市販の製品もありますが、既存のものを加工する場合もあります。シンクが浅いものでなければ自力で食器などを洗うことが難しく、電磁調理器などを含めたコンロの使用も、コンロ部分が薄くなければ鍋の中を覗いたりすることが難しくなります。コンロの下にグリルがあれば膝の入り込みが難しくなる場合があります。使用者に適した選定を慎重に行う必要があります。その他として、自室などに簡単な調理ができるようにミニキッチンを設置した例もあります。

台所のポイント

選定

 車いすで使用する場合、下肢が流し台の下に入る込めることが前提です。市販品のものに交換する方法と、現在使用しているものを加工する方法を考えます。それらが難しい場合は、水道使用は車いすの横付け対応にして、切り物や調理器使用は別途テーブルや調理用のカウンターの設置をする方法もあります。
また、コンロは安全性を配慮して電磁調理器の使用が好ましく、段差がなく鍋類を高く持ち上げなくても移動が可能です。水栓は、レバー式であれば使用が容易に行えます。収納はアップダウン式の吊り棚や、スライド式・回転式の収納棚が市販のものでもあるため有効です。
また、使用者の導線を考え、アイランドキッチンや調理用のカウンターの設置も有効な場合があります。